合宿免許に行く

最初に挙げるメリットは、費用が安いということです教習所に通う場合と比べると場合によっては10万円以上差が出る場合があります。もちろん、教習所と同じ内容の授業や技能検定を行います。

宿泊
引用:免許合宿プラン/免許の匠

では、合宿免許はそれにプラスしてホテル代などの宿泊費用がかかるはずなのになぜ安くなるのでしょうか。いくつか理由がありますが、一つは管理コストを下げることができるという点です。合宿免許の場合には予め決まったスケジュールで免許を取得しますので、学校側からすると管理費を下げることができるのです。また、つねに生徒を確保できるというのもコストを下げる要因となっています。

次に合宿免許は短期間で免許を取得できるという点が挙げられます。最短の場合2週間で取得することができます。これは教習所では無理な期間です。通常、学校や会社に通いながらの両立が難しい方が長期休暇を利用して短期間で免許をとることができるのです。

では、デメリットとしてはどのような点があるのでしょうか。それは自由がないということです。合宿免許の場合には毎日免許取得のために授業と復習の繰り返しです。実際に部屋に戻ってからも勉強しないといけません。合宿なのでちょっと楽しい感じもしますが、やはり毎日勉強しないと予定通りに免許が所得できないのです。

教習所に通う

教習所に通って運転免許を取得するメリットは何でしょうか。まず最初に挙げることができるメリットは自宅から通うことができるという点です。つまり、自分のペースで免許を取得することができます。免許を取得するために長期の休みを取る必要はありません。最近ですと、ほとんどの教習所はスクールバスを準備しています。自宅から教習所まで遠い場合でもバスで送迎してくれるので安心です。

教習次に挙げるメリットはなんでしょうか。それは自分の予定に合わせて授業をこなすことができるという点です。教習所に通う場合には自分の予定に合わせて授業や技能の時間を入れることができます。毎日、仕事や学校などの予定をこなしながら教習所に通うのはやさしいことではありません。ときにはちょっと休みたいと思うときもあるはずです。そうした自分自身の予定に合わせて学ぶことができるというわけです。

では、デメリットとしてはどのような点があるのでしょうか。一つ目は費用が高いということです。合宿免許の場合と比べて費用は割高になります。また、もし仮免許の試験が不合格の場合には再度受けなければならず、余計費用がかかってしまいます。また、もう一つは期間です。運転免許を取得する期間というのは決まっています。それは入学してから9カ月という期間です。それを過ぎるとまた再び最初からとなります。

運転免許の取得方法

スケジュール自動車は私たちの生活に欠かせないものです。現在、ほとんどの人が運転免許を取得しています。さて、運転免許を取得する際にはどのような方法があるのでしょうか。実は運転免許の取得方法には主に2つの方法があります。その一つは教習所に通うというものです。もう一つは免許の合宿へ行くというものです。とはいえ、免許の取得方法が違うとほかにどのような違いが出てくるのでしょうか。

実は運転免許の取得方法が違うとほかにもかなり大きな違いが出てきます。例えば、費用という面でも違いがあります。教習所に通う場合には大体35万円ほどかかります。もちろん、費用は多少の違いがありますが、一般的にはそれぐらいかかると考えてください。一方で合宿の場合はどうでしょうか。合宿免許というのは免許を取得するために文字通り宿泊して勉強、実技を学ぶことを言います。そのため、免許取得の指導料だけでなく、それに加えてホテル代といった宿泊料もかかるはずですが、実はトータルでは教習所に通うよりも安くなります。約20万円から25万円ほどです。

このように運転免許の取得方法によって、費用面だけみてもかなりの差が出てくることがわかります。もちろん違うのは費用だけではありません。免許取得までかかる期間にも違いが出てきます。つまり、運転免許を取得する前にどの方法で取得するかをきちんと考えることは非常に重要なのです。これから教習所に通う場合と合宿免許に行く場合のメリットデメリットを記します。